車のお役立ち情報(音を良くするウラ技:スピーカーを替える)

Sub Menu

  • 会員限定!イベント・キャンペーン案内
  • 会員限定!WEBチラシ
  • オイルWEB予約
  • 車検WEB予約
  • 今月のイベント情報
  • ポイントアップカード 新規会員登録
  • 採用情報
  • 運営店舗一覧

機能で選ぶスピーカー

入門編にはコアキシャルスピーカー(ツィーター一体型)

ツィーター(高音用のスピーカー)をウーファー(中低音用のスピーカー)の同軸上の前面に配置しているスピーカーのこと。低音用と高音用のスピーカーが一箇所にまとまっているため、安定感のあるサウンドになる。
音の安定性と取付の簡単さで値段もお手頃
のものが多いので初心者の入門編としてオススメ。

メリット デメリット
●交換するだけで純正とは違う高音質が得られる。
●お手軽な価格で購入できる。
●発音源の近接配置による音のまとまりが良い。
ドア下部に取り付ける場合が多く、音像が低くなる

断然オススメ!セパレートスピーカー(ツィーター分離型)

フロントスピーカーに断然オススメなのがセパレートスピーカー。
中低音領域と高音領域の2つのスピーカーが分かれているのが特徴。 中低音はドア部分、高音用はAピラーの根元などにセット。 高音用のスピーカーを上部に設置することで耳の高さで音を聴くことができ、 臨場感あふれるサウンドを実現!音の違いを体感しやすいアイテムです。

※Aピラー・・・車のフロントウィンドウを支える左右両端の支柱

温室があがるとサウンドのリアル感が違う!

スピーカーはドア前部の下の方に装着されている為、音が足元から聴こえる。
セパレートタイプで高音域のツィーターをダッシュボード上等に取り付けることで、低い音は高い音に引き寄せられて聞こえるため、自然に耳の高さに近づくのだ。