車のお役立ち情報(意外に知らない洗車の基本)

Sub Menu

  • 会員限定!イベント・キャンペーン案内
  • 会員限定!WEBチラシ
  • オイルWEB予約
  • 車検WEB予約
  • 今月のイベント情報
  • ポイントアップカード 新規会員登録
  • 採用情報
  • 運営店舗一覧

意外に知らない洗車の基本

間違った方法で洗車をすると、汚れが落とせないだけでなく、ボディを傷つけてしまうことも。
愛車のために、おさえておきたい洗車の基本をご紹介します。

洗車とは

汚れたから洗うのではなく、汚れないために洗うこと!
汚れが付着しにくくなり、付着したとしても軽い水洗いで落とせるようになるのだ。

用意するもの

シャンプー・スポンジ・バケツ・セーム・タオル

洗車日和

よく晴れた暑い日の昼間はNG!
雨が降らない曇りの日か、
晴れた日の早朝か夕方がベスト!

洗車の順番

①まずは車内から!

洗車をする前にやっておくべきなのが、車内の掃除。
ボディがきれいになった後で車内の掃除をすると、せっかくのキラキラボディが台無しに。 まずはドアを前部開けて、車内のほこりを叩き出す!!

↓

②水洗い

車内の掃除が終わると、次はシャンプー前に軽く水洗いをする。
鉄粉などが付着したままスポンジでシャンプーをすると、 傷だらけになることがあるので注意! タイヤハウスや下回りなどの汚れのひどいところは シャワーの勢いを利用する。 できるだけボディに近づけて水の勢いで汚れを洗い流す。

↓

③いよいよシャンプー

自前のバケツに適量のシャンプーを入れ、 蛇口の勢いでを注ぎながら泡立てること。
水をはったバケツにシャンプーを後から入れるのはNG。
しっかり泡立てたシャンプーをスポンジにしみ込ませ、 ルーフ→窓→ボンネット→トランクのように、 上から下の方にスポンジに力を入れずに、洗っていきます。 せっかくのシャンプーの洗浄力がダウンします。

↓

④シャンプーを洗い流す

最後にもう一度、水洗い。 上から下の方へ洗剤を洗い流してください。
洗剤はシッカリと流すこと。 残るとシミになってしまうことも。

↓

⑤拭き取り

洗車後の拭き取りが一番重要! 絶対そのまま放置しないこと。
水道水にはさまざまな不純物が混じっているので、 拭き取り作業を省略してしまうと、ボディに残ってしまう。
セーム皮で、ボディーを上の方から拭いていくこと。 セームは、まめに濯ぎながらボディーを拭きましょう。

↓

⑥ワックスがけ

車の塗装色に合ったワックスを選ぶこと。
ワックスをワックス用スポンジに少量付け、ルーフ・ボンネット・・・のようにパネルを1枚ずつ 塗っては拭き取って仕上げていきます。
塗り方の注意点として、丸く円を描くようにではなく イラストのように直線的に縦横と塗って行くこと。 ワックスやコーディング材の厚塗りは厳禁! 薄く塗ってすぐに拭き取りましょう!