車のお役立ち情報(音を良くする裏技:デッドニングをしよう!)

Sub Menu

  • 会員限定!イベント・キャンペーン案内
  • 会員限定!WEBチラシ
  • オイルWEB予約
  • 車検WEB予約
  • 今月のイベント情報
  • ポイントアップカード 新規会員登録
  • 採用情報
  • 運営店舗一覧

デッドニングをしよう!

デットニングをしてフロントスピーカーをしっかり鳴らそう!

デットニングとは?

ドアの内張などに鉛や対策シートを貼り付けることで、ノイズやその発生源である振動を遮断・吸収する。

サービスホールを制振材で埋めて、ドア全体をひとつのスピーカーボックスにするイメージだ。

デットニングの役割

制振-バッフル効果

車のドア部分にはたくさんのサービスホイールが空いていて、スピーカー背面の音と前面から出る音をしっかり遮断しないと打ち消しあってしまう。 そこでドアの鉄板部に制振材を貼ってサービスホイールをふさいだり、振動を抑えて補強することで、スピーカー本来の音が楽しめる。

バッフル効果のイメージ図