車のお役立ち情報(雪道の走り方の基礎)

Sub Menu

  • 会員限定!イベント・キャンペーン案内
  • 会員限定!WEBチラシ
  • オイルWEB予約
  • 車検WEB予約
  • 今月のイベント情報
  • ポイントアップカード 新規会員登録
  • 採用情報
  • 運営店舗一覧

雪道を知る

圧雪路

雪道の中では比較的滑りにくいコンディション。 ただし外気温が+2度~-2度くらいだと滑りやすいので外気温をチェックしましょう。

アイスバーン

路面が氷のようにカチカチに凍り付いている状態。とても滑りやすいので注意が必要。スピードを落としましょう。

シャーベット

気温が高くなってくると雪が溶け、シャーベット状になってきます。路面の状況をみながら慎重に走ること。

新雪

うっすら積もりだした時が一番滑りやすいので気をつけましょう。新雪の下がアイスバーンだと最悪な状態です。要注意!!

ベタ雪

溶けやすい雪だとすれば気温が比較的高い証拠。下が凍っていなければグリップはまずまず期待できます。

ところどころ乾燥

通常のウェット路面とほぼ同じと考えていいでしょう。ただし日陰は凍っている場合があるので油断は禁物。

地吹雪

視界が悪いので、まずライトをオン。後方を確認しながら速度をできるだけ落とし、安全な場所があれば停車してしのぐのがベスト。

橋やトンネルの出口

橋の上は凍りやすいので、手前で徐行し一定のスピードで通過します。 トンネルは出口の路面の状況が読めないので注意しましょう。