車のお役立ち情報(ウィンドウ関連)

Sub Menu

  • 会員限定!イベント・キャンペーン案内
  • 会員限定!WEBチラシ
  • オイルWEB予約
  • 車検WEB予約
  • 今月のイベント情報
  • ポイントアップカード 新規会員登録
  • 採用情報
  • 運営店舗一覧

ウィンドウフィルムの貼り方②

point1
水をタップリ使うこと
point2
空気をしっかり抜くこと

9.保護フィルムを剥がす①

フィルムの上端角の両面にセロテープを貼り付け、
引き剥がすように引っぱる
ことで保護フィルムを剥がし始める。

10.保護フィルムを剥がす②

フィルムはめくれやすいので注意。
上端を人に持ってもらい、水を霧吹きで吹き付けつつゆっくり剥がしていく。

11.保護フィルムを剥がす③

ただし、この段階ではすべて剥がしてはならない。
上半分くらい剥がしたところで下半分は残しておく。

12.中性洗剤を吹き付ける

窓を少し開け、中性洗剤を数滴垂らした水溶液を
窓ガラスの内側、全体にたっぷり吹き付ける。

13.フィルムを貼り付ける①

フィルムの断面をガラス上端のカーブに合わせるように貼り付け、
ゴムヘラでなでるようにして気泡を抜く。

14.フィルムを貼り付ける②

気泡は水を吹き付けながら、貼り付いている部分の
中心から外に向かってゴムヘラで押し出すようにして抜いていくのがコツ。

15.フィルムを貼り付ける③

上半分がきれいに貼れたら、
保護フィルムを剥がしながら少しずつ残りの下半分を貼っていく。

16.フィルムを貼り付ける④

保護フィルムを剥がしながらの貼り付けは確実。
ただしシワが寄りやすいので注意。 剥がした面を均等になでながらが基本

17.貼り付け後の確認作業

切り出したウインドーフィルムを窓に合わせてみて、
形に狂いがないか確認してみる。OKなら型抜きは完了。

18.完成!!

気泡を抜き切ったら、きれいなタオルで
ウインドーフィルムの表面に残った水分を拭き取って完成。

カーフィルムの豆知識

ウインドーフィルムを自分で貼るときは注意が必要です。

透過率と貼れる窓が法律によって定められているためです。
具体的には、道路運送車両法の保安 基準第29条で、「運転者が交通状況で確認するために必要な視野範囲、 つまりフロントガラス及び前部座席左右のガラスにおける 可視光線の透過率は70%以上であること」と定められています。
貼れる場所は後部座席の左右とリアウインドーに限定されていますが、 色や透明度が問われることはありません。

「ウィンドーフィルム」は発売当初、太陽光線を遮断できることからエアコンの効きがよくなる、という触れ込みで登場したのですが、最近ではプライバシーを守ることを主目的(※1)としている人がほとんどです。
(※1 最近では、新車の場合、ガラス自体が黒くなっている『プライバシーガラス(※1)』も増えています。夏などの照り返しで車内温度が異常に高くなり、省エネの為にメーカーでも許可されています。防犯上という名目もあります。)