商品情報(タイヤ:スタッドレスのメリット)

Sub Menu

  • 会員限定!イベント・キャンペーン案内
  • 会員限定!WEBチラシ
  • オイルWEB予約
  • 車検WEB予約
  • 今月のイベント情報
  • ポイントアップカード 新規会員登録
  • 採用情報
  • 運営店舗一覧

スタッドレスのメリット

雪⇒乾燥路⇒雪、と混じるような道でもスタッドレスならスムーズにドライブできます。

←こんな雪道でも・・・

積雪があるところでも、
そのまま乗り入れが可能です。その手軽さはやっぱり魅力ですね。

アスファルトでも→

スタッドレスタイヤなら、途中、こういったアスファルトが露出している道路でも全く問題なし!

① 除水(吸水or撥水)がスゴイ!
  (例:ヨコハマアイスガードトリプル「トリプル吸水ゴム」の場合)

凍結路面でのクルマが滑るのは氷とタイヤの間にできる水膜が原因です。各タイヤメーカーはこの水膜を取り除き、直接タイヤと氷をより密着させる工夫をこらしています。

② 氷をひっかく力がスゴイ!
  (例:オートバックス ノーストレックN2「カルザック」の場合)

スタッドレスタイヤができる前は、スパイクタイヤが主流でした。 しかし、スパイクタイヤはピンがアスファルトを削る粉塵公害を発生させたため禁止となり、 各社はそのピンに代わる(氷は引っかくがアスファルトは削らない)素材を採用しています。

カルザックとは、貝殻や卵の殻の骨格となる炭酸カルシウム分子を配合した天然素材です。 天然素材のため環境面にも配慮された素材といえます。

ノーストレックN2、1本(195/65R15の場合)に天然素材カルザックが約1億5千個入っています。

③ 氷への密着力がスゴイ!

氷路面には微細な凸凹がたくさんあります。低温でもタイヤを路面に密着させるため、シリカなどを配合して、ゴムを柔らかく保つ工夫がされています。

吸水ナノゴムが路面に密着!
新素材の「ナノゲル」を配合し、氷点下でもゴムの柔らかさを確保。
あらゆる冬道に“吸着”し、設置面積を最大限に広げてくれます。

微細な氷の凹凸に対応し、ゴムの設置綿を拡大!⇒